スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのその・・・

完全にブログの存在忘れてた

えっととりあえず近況的な何か
TERA
鯖統合で萎え→戦場中にギルメン垢ハック→休止中
運営の対応のひどさには驚くばかりだったよ
TERAリーダー?こんな回収するばっかりの糞運営じゃ宣伝も糞もねぇよwww
月額課金だと思ってたらいつの間にか上質粉ばら撒いてユーザー釣る課金体制になってるとかわろえない

戦場のエルタ
スナゲークソゲー

FEZとかシュヴァリエサーガとか暇つぶしにやってます。
シュヴァリエサーガ暇つぶしにやると意外と面白かった。
タクティクスオウガやってた時代の人には結構面白いんじゃないかと思う。
ただしブラゲなのでカクカクするのと課金前提の敵の強さがなんとも言えない
さすがハンゲ

PSO2α2テスト当選しました。
次のニコ生はこれの放送になるかな?
時間が取れたら他のゲームとかでも放送するかもしれないけど予定は未定ってね

58ID ケルサイクの巣 下級

すっかり書くのを忘れてた気がしなくもない…うん

という事でケルサイク下級のパターン紹介

ケルサイクの巣は恐怖の迷宮や黒紋塔と違って、中型5匹の部屋を抜けたらボスという
ちょっと変わったIDになっています。

必要になるアイテム
神の聖火⇒ダークマターを材料とし、アイテム調合で作成します。

準備しておくと攻略が楽になるアイテム
知識の護符⇒力上昇護符 神秘の護符⇒耐久力上昇護符 奇妙な護符⇒MP持続回復護符
永遠の聖水⇒コンディションが減少しない
獅子王の秘薬・オオワシの秘薬⇒近距離・遠距離スキルのクールタイム減少
攻撃速度上昇の書⇒攻撃速度が9増加

ケルサイク下級では大きく分けて3パターンが存在します。
このパターンはケルサイクのHP残量によって管理されており、残りHPが100%~ 80%~ 30%~になると
パターンが変更もしくは追加されます。

100%~80.1%
ターゲットが決定した瞬間「ケルサイクが吼える」のテロップと同時に広範囲スタン攻撃。
このスタン攻撃中に「無能の結界」デバフが全員にかかり、エレメンタリストのオーラと同じ放出デバフも付く。
このデバフは1人でもかかっているとPTメンバー全員に効果をもたらす為、ヒーラーは全員のデバフ解除を速やかに行う事。

右手攻撃-破滅の火炎⇒右手を叩き付け中範囲に炎サークルを発生させる。手を叩き付けた後に引っ掻き攻撃が続くのでタンカーはしっかりガードor回避をしよう。

左手攻撃-破滅の冷気⇒左手を叩き付け直線状に氷を発生させる。火炎同様引っ掻き攻撃が続くのでガードor回避を忘れずに。

両手攻撃⇒破滅の火炎・冷気⇒約30秒毎に両手を振り上げて叩き付ける攻撃を行いケルサイクの周辺にダメージ判定を発生させる。
(ダメージが低い為、デバフ更新に利用される事が多い)
※デバフ更新について
破滅の火炎・冷気は2分間の死の宣告デバフであり、2分後に100万ダメージを受ける為、即死してしまいます。
火炎は冷気で冷気は火炎で上書きする事ができ、ケルサイクを倒すまでこれを繰り返し行わなければならない。

戦闘開始後約3分で追加される地獄の火炎は破滅の火炎・冷気どちらでも更新できるので焦らずに上書きしよう。

ランダムターゲット攻撃
小ジャンプ攻撃⇒低ダメージだがランタゲ対象が動き回ると発動が遅れてデバフ更新時間が少なくなってしまう為
ランタゲは基本止まってケルサイクの動きを覚えて回避するようにしよう。
ジャンプ攻撃の後に炎を吐いて、地面に破滅の火炎を受ける床が発生するので注意。

突進攻撃⇒こちらはジャンプと違って威力が高めなので、ケルサイクが助走しだしたら回避orガードしよう。

スタン攻撃⇒戦闘開始後1分30秒毎に「ケルサイクが力を蓄積しています」テロップと同時にPTメンバー1人にランダムでスタンが入るので神の聖火を使用し、ケルサイクのデバフ抵抗状態を解除し、スタンスキルで止めよう。
睡眠やダウン、仰け反りは発生しないので焦らずにスタンスキルを使用する事。
神の聖火はクールタイムが9分と非常に長い為、誰かが投げればいいというわけではなく
事前に順番を決めておかないと(1分30秒×5=7分30秒+1分30秒=9分)とクールタイムと全員が投げ終わって最初に投げた人が使える時間がぴったりに設定されている為、誰かが外したり、同時に投げたりしたら火力の低いPTでは詰み状態となってしまう。
また、ケルサイクの攻撃を止めれなかった場合はケルサイクの周辺に約25万ダメージが飛んでくるので
スタン対象者は即死してしまう。
そして何より辛いのが、ケルサイクに1時間バフの「ケルサイクの威容」が入る事。
このバフはケルサイクの力が上昇するもので、デバフ更新時のダメージが痛くなりローブ職が即死する可能性が出てくる事。

80%~30.1%
80%になると同時に「ケルサイクが吼える」テロップと同時に範囲スタン攻撃。
左後ろ足の後ろに密着していれば当たる事はないのでHPを意識していれば問題なく回避できる。
タンカーはケルサイクの顔付近に密着すれば当たらないもしくはガードする事でスルーできる。

追加パターン
80%から火柱攻撃が追加され、ケルサイクを中心に9回の火柱が発生する。
発生する順番は決まっているので覚えれば回避・ガードは楽にできる。
ケルサイクの行動パターンが増え1分30秒~2分程度の周期で火柱攻撃が行われる。
※一定時間毎に行われる行動パターンは必ずその周期で行われるわけではなく、一定時間経過後に可能性として存在するようになると考えておいた方が安定する。

遠距離バリア⇒遠距離攻撃のダメージが軽減されるバリアを発生させ、40万ダメージを吸収する。
近距離バリア⇒近接攻撃のダメージが軽減されるバリアを発生させ、40万ダメージを吸収する。
バリアは80%から3分毎に行うのでしっかりと意識しながら戦わないとバリア発生時に誰かが死亡している等
ジリ貧状態になり、削りきれなくなる可能性が高い。(特に火力職の装備が揃っていないPT)
バリアはどちらも40秒間継続し、40秒以内に破壊できないと、ケルサイクが1時間の憤怒状態となる。
またバリア中は持続ダメージを受ける為、高級ポーション等を使用しヒーラーの負担を軽減しよう。

30%~0%
バリアのパターンが削除され、氷の広範囲攻撃、5秒DOT攻撃、ブレス攻撃が追加
氷の範囲攻撃⇒約10m範囲とかなり広く、10HITする為、1度当たると仰け反って動けなくなり全弾くらうという可能性が高い。
5秒DOT攻撃⇒5秒後に全HPの2%が減少するデバフが発生する。ヒーラーはメンバーの回復に加えこのデバフの解除もしなければならなくなり、非常に辛くなる。かかる度に解除する必要はなく重ね掛けをしてくるので
ある程度貯まったら解除する事を意識しよう。
また割合ダメージの為、クリスタルに忍耐を入れていてもヒーラーの負担が増えるだけなので挑戦者の意志を4つ入れておこう。

ブレス攻撃⇒ケルサイクが中央に魔法石を置いたらブレスの合図。魔法石のHPは1なので間違えて壊してしまうと全滅が確定する。
魔法石の左右の床に壁が隠れているので壊す人以外は壁が発生する場所で待機しておこう。
破壊するタイミングはケルサイクが丘の上に登り首を振った瞬間と意外とシビアなものになっている。
多少ずれても問題はないが、早すぎても遅すぎても全滅なので壊すタイミングをしっかり頭に入れておこう。

ここまでのパターンを頭に入れれば後は個人の操作と慣れが全てなので
何回も通ってクリアした時の達成感を味わって欲しいと思う。

22日のアップデートでケルサイクが弱体化するようなのでそれまでに是非クリアして貰いたいものである。

以上ケルサイク下級のパターン紹介でした。

58ID 黒紋塔 メモ

入場クールタイム
下級:2時間 上級:6時間
カンストしたプレイヤーが周回する2つ目のID。

1F
入場位置から通路と小部屋1つで構成されている。
下級の場合は小部屋の中央を進むと雑魚を1匹も釣らずに抜ける事ができるが上級は小部屋の出口に弓が2匹配置されているため、少しずつ通路に釣って倒す事。
(慣れたPTなら通路まで全部釣っても処理できるがランタゲが多いので事故の可能性は高い)

道なりに進むと奥の部屋に蜘蛛タイプ(タラントゥス、ベルベロスと同系統)のボスがいる。

中ボス:ミートグラインダー
攻撃パターンはフィールドの中型と同じ足での攻撃がメインとなる。
赤目攻撃には大量出血が付加されているため、後方から攻撃する火力はヒーラーの負担を減らすためにも
しっかり回避・ガードをしよう。
下級の場合はボスのHPが60%で2時方向にロボが出現し、一般タイプの雑魚を次々と召喚してくる。
上級の場合は2時と8時に同時に沸くため連携をとってしっかり処理しないと雑魚の攻撃が痛いのでそれだけで
壊滅する事もありえる。

下級はボスのHPを見ながら60%付近で火力が2時方向へ先に移動しておき、沸いたらすぐに倒そう。
時間がかかるとバリアを張ってデバフが入らなくなり雑魚が沸く原因となる。
また、このバリアは範囲があり、ボスが近くにいるとボスにもバリアが入るためタンカーも位置取りを気をつけないといけない。

上級は60%付近で火力2が2時方向で沸いたら処理、8時方向に火力1とヒーラーが待機し8時にはスリープを入れ
沸き時間をずらして次からの沸きに備える。

※沸き時間は倒してから2時方向が1分30秒、8時方向が2分となっている。

ボスのHPが30%を切るとさらに小型召喚が追加され、こちらも1分30秒程度で沸くため
ロボ処理とタイミングが被らないようにボスのHPの調整に気をつけよう。

ボスの行動は30%から地面に潜る攻撃が追加されるのでタンカーも巻き込まれないようにしっかり移動しよう。

下級の場合は2F~4Fに一般タイプのネームドが4匹いるが、どれも雑魚なので省略する。

上級はミートグラインダーを撃破すると部屋の入り口に5Fへの次元石が出現するので利用しよう。

5F

注意点は毒沼と目玉のMOB。

目玉は一定間隔で3回雑魚を召喚してくるが、3回目の召喚をされるとソーサラータイプが大量に沸くため
ほぼ詰みとなるのでリンクしてしまった場合は速やかに倒す事を頭に入れておく事。

道中に毒沼を作る人形がいるが、下級の場合は通過する際にダメージをくらうだけなので沼の上にサンクチュアリを置いてもらったり、事前に赤玉を食べてから抜けると事故が少ない。

上級の場合は毒沼に当たると10分間、1分毎に最大HPの50%が減るデバフが入る。
もちろんHPが1残るとかいう甘い仕様ではなく、普通に毒で死ぬのでヒーラーは常にメンバーのHPを50%以上に保ちながら進まないといけない。

上級の10分デバフに関しては、クエストアイテムの浄化のトーテムで解除する事ができるが
作成するために恐怖の迷宮でアルゴンの核を集めなければならないため、無駄遣いは避けたいところ。

道中のルートは全て柵で仕切られているため迷う事なく進む事ができるようになっているので
毒沼の反応範囲やMOBのリンク範囲を見極めて大量に釣らない事を意識して進もう。

道なりに進むと行き止まりの小部屋にボスがいる。

中ボス:ブルトンスカー
行動パターンはフィールドのブルカヌスタイプと同様。
両手で地面を連続で叩く攻撃には最大HPの90%を10秒後に減少させるデバフが付加されているのでヒーラーの負担を軽減するためにも火力職は当たらないように立ち回ろう。
タンカーは壁際に追い詰められるとこのデバフが避けれなくなるので位置取りに注意が必要となる。

ボスのHPが40%になると分身が召喚され、以降時間で分身が増えるようになっている。
下級の場合は動かないので、無視するか、さっさと倒してしまうかどちらでも攻略は簡単。

上級の場合は分身が歩き回る上にランタゲでジャンプと火の玉、腕攻撃までしてくるようになる。
分身についてはリポップで消す事ができるのだが、慣れないPTだとてこずるかもしれないので以下の注意点に気をつけよう。

ブルトンスカー分身処理方法
ボスのHPが40%付近になったらタンカーは部屋の奥へボスを誘導する。
この時、火力は絶対に40%を切らないように調整し、誘導中はタゲを奪わないように攻撃をやめる。
ボスが奥に移動したのを確認したら、40%以下にし、分身を召喚させよう。
分身が沸いたら遠距離火力が分身を攻撃し、ヘイトを稼ぐ。
そのままタンカーを部屋に残し、他4人は部屋の外へ分身を連れて移動する。
召喚された位置から50m離れると分身はリポップするが、召喚されたMOBのため初期位置が存在しないので
そのまま消滅してしまう。
これだけ読むと簡単に見えるが、火の玉でタンカーにランタゲがいったり、誘導位置が悪いと毒沼を越えて
分身を誘導しなければならないので毒沼でローブ職が死ぬ事もある。

分身の処理が終わったら、速やかに部屋に戻り、ボスを処理しよう。

ボスを倒すと入り口側の通路を塞いでいた柵が消えるので道なりに進んでいこう。

道中でカルランが4匹いるが、攻撃力が非常に高い上に上級ではタックルに毒が付加されていたりと厄介な雑魚である。

ここはスタンやダウンでしっかりハメて処理していこう。

そのまま進むと小部屋に次のボスがいる。

中ボス:ブラッドストーン
フィールドの中型ゴーレムタイプのボスでHPが80%程度になると小さいゴーレムが出現し
それを操るロボが召喚される。

このリトルゴーレムは下級の場合は爆破→飛び込み 上級の場合は、回転攻撃→飛び込みのコンボをひたすら続けてくるため、位置取りが非常に重要になる。

下級の場合はロボを倒せば、次にロボが沸くまでリトルゴーレムは攻撃してこないので倒してしまうのもあり。

上級はロボの硬さが異常な上沸き時間が短いので倒してもすぐに次が沸いてしまうためロボを無視してボスを削る必要がある。

攻撃パターン自体はフィールドのゴーレムと何も変わらないので慣れているタンカーならあっさり倒せる。

ゴーレムを倒すとあとはトゥルサまで一本道で毒沼もないのでボスまで進もう。

ボス:トゥルサ
行動パターンはフィールドの蟹タイプ。
問題なのは、精神錯乱攻撃してくる人形と毒沼を出す人形、そして毒沼を出す蜘蛛が次々と召喚される事。

下級の場合は蜘蛛タイプの雑魚はトゥルサのHPが30%を切るまで召喚されないので雑魚と沼の処理をしっかりしながらボスを削ろう。

上級は最初から全ての雑魚が沸く上に沸き間隔が短いので遠距離火力の殲滅力がないとジリ貧になってくる。

トゥルサのランタゲ時は雑魚を召喚する行動がストップするため火力不足と感じたならウォリかスレまたはヒーラーがトゥルサのランタゲ対象になった時に逃げ回りながら雑魚を処理すると楽になる。

上級はボスが10%をきると雑魚の沸き間隔が非常に短くなり、最低でも火力職が3等級+7程度の武器でないと
処理が追いつかないのでトゥルサのランタゲを待って10%以下にし削りきるようにしよう。

また上級ではトゥルサ戦ではトーテムは意味がないので、無駄に召喚して逃げ回る時の邪魔にならないようにしよう。

長くなりましたが以上黒紋塔のメモでした。

次回は下級ケルサイクのパターン紹介となります。

58ID 恐怖の迷宮 メモ

恐怖の迷宮
入場クールタイム 下級2時間 上級6時間

カンストした人が周回する1つ目のID。14日のアップデート以降12段階装備が落ちるようになったためかなり人気が高い。

道中にはトラップが配置され、初見ではかなりしんどいIDとなっている。

1F
道なりに進むと左右に分岐するが、どちらも同じ場所に最終的にはつくのでどちらでも構わないが左ルートが多い

B1F
分岐後階段を降りて行くと雑魚と石像が大量に設置された通路があり、石像のブレスはMP減少(下級)恐怖(上級)となっている。

またここに配置されているドーベルマンはHPが減ると後方へ逃げて他のMOBをリンクさせるのでドーベルマンの向きに注意して戦おう。

通路の左側に小部屋があるのでそこにいるパトリーを倒すと次へ進む道が開く。
パトリーの行動パターンは通常攻撃とランダムターゲット、ジャンプして踏みつける沈黙攻撃

ランダムターゲットの後に必ず沈黙攻撃が来るのでしっかり防御、回避をしよう。万が一当たってしまった場合は

ヒーラーにデバフを解除して貰わないと1分間何もできずに棒立ち状態で待つしかなくなる。

道なりに進むと斧を持ったネームド、パラトゥサンがいるので倒すとB2Fへ降りる階段への道が開く。
パラトゥサンの行動パターンは斧でなぎ払う、水幕攻撃、斧振り上げ、斧4連撃、3段階サークル、ランダムターゲット、バリア

B2F
道なりに進んで行くと、上級は通路に針トラップが設置されているので注意。道中の石像も健在しているので
トラップコンボで死なないように気をつけて移動しよう。
上級ではMOBを釣る場所も考えないと火力が恐怖→針で死んだりする事もあるので難しいところ。

先に進むとレーザーを出す石像も追加され、動きにくくなってくるが少し広めの場所があったりするので
しっかりと釣る場所を見極めてまとめて倒すようにしよう。

中ボス:カラシュアルメロ
通称トランスフォーマー 変形するロボットタイプのボスで初見殺し要素満載となっている。
通常攻撃は両手を叩きつける、両手のドラムで挟む、ランダムターゲットで突進。
HPが減ってくると一番遠い味方に向かって行き、時計回りに小型サークル攻撃をしてくる。
上級になると動きが早くヒーラーが事故死したりもする。
上級は50%(ログなし)
下級は30%で遠距離爆破呪文を唱えていますログとともに4m~20mの超範囲攻撃をしてくる。
下級で詠唱モーションを覚えておき、上級で対応できるようにしておこう。

そのまま道なりに進むと運が良ければ秘密の門番がいてキリアンまでショートカットできる。
ショートカットと言っても道中に中ボスが1匹いるので安心しすぎて壊滅しないように注意しよう。

ショートカットできなかった場合は次のボスが待ち構えている。
中ボス:カラシュグルドラ
ハリネズミみたいなボスで潜り攻撃や爪攻撃、地面たたきつけからのジャンプ攻撃など厄介な攻撃が多い。
HPが減ると雑魚を召喚してくるのでしっかりと処理するようにしよう。
30%あたりから回転突進攻撃があるのでしっかり回避しよう。ガードしても貫通ダメージで死ぬ事が多いので
避けるのが無難なのだが、モーションが短く反応が遅れると事故死する可能性大。

グルドラ撃破後も道なりに雑魚を倒しつつ進むのみとなる。
道中は14日のアップデートで非常に楽になったので省略する。

中型のクーマスが2匹道を塞いでいるので2匹倒すと次の中ボス。

中ボス:ベルダレミレザス
空中庭園にいるドラゴンと同タイプの中ボスでランタゲが非常に多い上に庭園のボスとは比較にならないくらい早い。
ランタゲからの火炎ブレスは前方150°程度の範囲+かなり前方に距離が長いのでボスの裏に回る事を意識すれば当たらない。
他の攻撃も羽を飛ばしてくる攻撃や、沼を設置するタイプの攻撃が2種類、回転攻撃などがある。
回転攻撃は予備動作が長いので余裕がある時は避けるのは簡単だが、攻撃途中等でモーションに入った場合は避けにくいため、相手の動きをしっかりみないといけない。

このボスを倒せばキリアンのいるB3Fへ到着する。
キリアンの前に一般タイプのボスで恐怖の迷宮最難関と言われているピエロの中ボスがいる。

中ボス:アレイスター
一般タイプなのでクリスタルを付け間違えないように注意しよう。
攻撃方法は道中のピエロと変わらないが、部屋全体範囲の恐怖攻撃(意志の秘薬で抵抗可能)と雑魚召喚を行ってくる。
この雑魚召喚が非常に厄介で、本体はバリアを張ってその場で瞑想を始める。
下級はそれほどでもないが、上級は非常に雑魚が硬い上にアレイスターのメインタゲが変わるとアレイスターが動き出すのでヒールもろくに使えない状態で雑魚6匹を相手にしないといけない。
装備が揃っているPTならあっさりクリアできるが、初見や荒野装備の火力がいるPTならかなりきついと感じると思われる。
この召喚には予備動作として、手を前に出して威嚇するモーションがある。
この威嚇をしている最中にメインタゲが変われば召喚を阻止できるわけだが、タイミングがシビアな上にミスするといきなりアレイスターのタゲが変わってバリアを張ったまま動いてしまう大事故となる為慣れないPTではやらない方が安定する。

ボス:キリアン
アレイスターを撃破するとようやくキリアンと対面できる。
キリアン自体は非常に柔らかく、中型の蛇タイプなので攻撃モーションは見慣れていると思う。
厄介なのはモーションなしの範囲電撃攻撃と周囲の石像から吐き出される精神汚染によるMP減少。
そして一番の初見殺しが「かかって来い」のテロップで発動する溶岩である。
下級は中央固定なので左右どちらかで固定していれば問題ないのだが…上級はメインタゲに向かって
溶岩の方向が変わるため慣れていないPTはここで何回も死ぬ事になると思われる。
更にキリアンの部屋の入り口にはビームを出す石像がいるため、村に戻って再入場が非常に厳しい。

長くなったが、ここは何度も周回して覚えるIDなので死んでも根気よく通い続ける事が大事だと思われる。

以上恐怖の迷宮メモでした。

50ID アカシャの潜伏地 54ID空中庭園メモ

アカシャの潜伏地
入場クールタイム 下級2時間 上級6時間?14日のアップデートで短くなったとの情報あり

えっとミッション消化で1回行ったきりなのでほとんど記憶にありませんw

道なりに進んでゴーレム→カラスチャ→ランダムボス→アカシャと倒して終わりなボスだけのID

アカシャ自体は突進の頻度が高く召喚もしてくる上に樽が出現し、うっかり爆発させると全滅する可能性あり

道中のボスはフィールドの中型と大差ないが、攻撃力が高いので結構厄介。

ディバインガードポーションがないと、ステータスが70%減少するデバフを受けるためポーションは必須。

ここのIDはクリアしなくても次のミッションは出るのでスルーも可能。

ここで装備を揃える必要もないので適正レベルの間は無視した方がいいかもしれない。

サレロン空中庭園
入場クールタイム3時間
PTのレベル差ペナルティが緩和されたので58でも入れるようになった。
完全な太古の封印を集めるならここも周回してもいいと思います。

ここも数回行った程度でほとんど覚えてないレベル。

1本道でできている構成で道中にクリスタルがあって、壊すとボスが出現したり、バフが貰えたりと

オブジェクトを使った攻略が多々あるが、大して難しいわけでもなく、今までの復習といったレベルで

ボスも今までに出てきたものばかりで構成されている。

適当に流したけど、この2つのIDは周回して装備揃えるほど強い装備が落ちるわけでもないし、

アカシャを楽にクリアできるレベルが52程度なので52のプラチナ印章装備の方が強かったりと行く意味が薄れているID。

空中庭園に至っては、強化できる装備を落とす裏ボスに行くための鍵が

ラスボスを攻略中に一定確率で出現する怪しい奴を倒さないと落ちないため

周回しても裏ボスに必ず会えるわけでもない糞仕様なので行く意味はミッションクリア以外にない。

以上攻略の参考にならないメモでしたw
現在の時刻
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

フィアリ/繻袈

Author:フィアリ/繻袈
Twitter:amegist3
AION ジケ天
シャドウ:Lv65
メロディ:Lv63
Archeage
2鯖 ハリハラン マッタリ中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。